長く使うためにケアを|ロングケアを大事にする方法

女の人
女性

フォーマルシーンで活躍

足のスタイルに自身のない人には、ロングドレスが人気です。上品な印象をもたらすロングドレスは、世代を問わず支持を集めています。体型カバー効果が高いため、妊婦さんでもお腹を気にすることなく身につけることが出来るでしょう。

婦人

長いドレスが人気のワケ

ロングドレスは身長の高い方の長所も活かしてくれます。また下半身を覆ってくれるので、ムダ毛や体型などの隠したい部分をカバーしてくれます。しかも年齢を問わずに着られるうえ、着回しがきくので長く着られるでしょう。それにリメイクがしやすいので、違うドレスに仕立て直しも可能です。

ウーマン

足の露出をしたくない人に

ミニ丈ドレスで足を出すのが恥ずかしいからと言って黒のストッキングなどを履くのは結婚式などドレスコードが決まっている場では失礼に当たります。足の露出をしたくない人はロングドレスを着用しましょう。レンタルでアクセサリーと合わせて借りれば珍しさから目立つことができます。

陰干しをして湿気を取る

女の人

真空パックで綺麗に保つ

ロングドレスは、長さがあるためクローゼットに吊るして保管するのが難しいこともあります。しかし、きちんと保管しなければ、次に着る時にシワになっていたり、カビが生えていたりします。まず、一度着たドレスは、汚れていなくてもきちんとクリーニングに出すことが大切です。汚れていないように見えても、皮脂や汗が生地についているので、そのまましまい込んでしまうと、シミの原因になってしまいます。自宅で洗濯可能なドレスは、表示に従って洗うのもOKです。クリーニングから戻ってきたロングドレスは、すぐにクローゼットに入れず、ビニールカバーを取って陰干しをします。そうすると、中に籠っていた湿気が取れ、カビが発生するのを防げるからです。1日陰干ししたら、不織布のカバーをかけます。ビニールのように湿気をため込まず、通気性があり防虫効果も高いので、より美しくロングドレスを保管できます。カバーをつけたら、クローゼットに吊るせる場合はそのまま吊るし、吊るせない場合は、桐のタンスに保管します。畳むときには、折り目のところに丸めた紙をはさみ、しわにならないように気をつけます。一緒に防虫シートを入れておくと、虫食いの心配もありません。ロングドレスは、クローゼットや桐のタンスに保管しても、定期的に陰干しをして、湿気を逃すようにすると、綺麗な状態が長持ちします。また、長期間ロングドレスを着用しない場合は、クリーニングの際に真空パックにしてもらえるので、サービスを利用するのも良いでしょう。